交通事故の症状固定の相談は弁護士へお願いしましょう!

交通事故に関する補償は100パーセントお金に換算して精算が実行されるので、適切に釣り合う補償になるという事は、額を上げる事と同義だと言えます。



被害者に過失は皆無だと判断されているケースでは、相手の保険会社と、被害者本人との交渉が実行されます。



交通事故の時に頼る専門家は司法書士や弁護士が良いでしょう。役所のタダの相談も法的知識に疎い人が担当者になると、本来解決できるはずのものも解決できない場合があります。


土・日曜日、祝日対応の相談に一回相談する事を推奨します。


車両と歩行者の関係は勿論強者と弱者ですし、交通事故に関しては大幅に車が不利な制度になっていますので、過失があっさり免責されるケースはほぼなく、実の所、車両側にも過失ありとして処理が進められます。飛び出し事故の際の過失(責任)の判断ラインは明朗には定まっておらず、事故の時の状況に応じて慎重に考えていかなければなりません。


特に幼児がやりがちな右と左を確認せずに急に車道に飛び出す行為ですが、自動車と幼児の接触事故では、幼児と車のどちらが悪いのでしょうか?子供が急に道に走り出てくる、俗に言う飛び出し事故の折は、子供と車のどちらが悪いのかという問題、プラスアルファ過失割合はどう扱うのかという疑問が生まれるはずです。

児童に限らず、成人でも道に走り出してきて事故になる場合があります。多くの弁護士が用いる裁判基準の慰謝料の相場と、一番低いレベルの補償をする自賠責保険の慰謝料の相場の金額の間には大きな差異が存在しています。



プロに交渉を任せる場合はもちろんお金が必須です。

ここで弁護士に一任する利点を見ていきましょう。


被害者が生きている場合には、入通院慰謝料、後遺障害慰謝料の2つの慰謝料を、被害者が死んでいる時には、後遺症害慰謝料、入通院慰謝料の2種の慰謝料を、各々加害者の方から受け取れるケースがあります。ここで述べる入通院慰謝料とは、交通事故が原因で怪我をついての慰謝料です。支払い対象となるのは病院で治療を受けた場合です。




後遺障害慰謝料のケースにも自賠責保険とは趣を異とする、今までの判例を基に考えられた裁判基準の慰謝料の相場が存在します。むち打ちなどが該当する軽度の後遺障害の場合に得られる後遺障害慰謝料は、裁判基準と自賠責保険で相場に300%近い差が存在しますが、弁護士の裁量に任されています。



相手の注意不足やスマホを持ったわき見運転での被害者になった折は、証拠がない折でも、証言者や目撃人がいれば、示談交渉や裁判で思い通りになる可能性がアップするので、丁寧に主張しましょう。無闇に交通事故証明書や念書にサインするのは愚策です。

後遺障害慰謝料は、治療が終了しても、今後改善する可能性がないと判断された症状に関する慰謝料です。一定期間の治療が終了しても形には残らない痛みに俗に言う後遺症として残存したり、その際の症状が完全に治る事が無いというケースでは後遺障害等級認定となり、請求ができます。最大の利点は慰謝料増額の可能性がある事ですが、デメリットと言うより他ないのが、「弁護士に払う料金」です。過失がないケースには、第三者の介入に関しては法で、弁護士を代表とする指定の資格を持った人のみが報酬を得て交渉が行えると決められています。交差点や横断歩道などの道路で発生した交通事故の場合の歩行者と車について考えてみましょう。自動車の前方不注意や一時停止違反などがあれば、過失割合が全く変化する運びになります。



そのような折の証拠は目撃した人間が存在すれば、裁判で優勢になります。警察では実況見分や現場検証は丁寧に実行しますが、示談交渉or過失割合などは民事事件の範囲内ですから、介入する事は絶対にありません。過失割合の調整や示談交渉は保険会社の担当者が査定をして示談金の調節や過失割合の調整をして、治療費や通院費や休業補償の額を決めて示談交渉をしてきます。入通院期間の影響で入通院慰謝料は、大きく変動する事が多いです。通院の必要性は無くても腕や脚をギプスで固定していた期間等が長いとその日数を入通院期間をして扱う事例もあります。しびれや痛み、むち打ちなどによって、等級が動くので、留意しましょう。



後遺障害慰謝料の折は、後遺障害等級認定の等級を重んじて大きく変動します。


一番低い14級については自賠責保険についての後遺障害慰謝料は三十二万です。慰謝料とは違う「逸失利益」と呼ばれるものも存在します。